痛くない包茎治療

包茎手術のメリットとは

男性にとって包茎は、時として大きなコンプレックスとなる場合もあります。銭湯や温泉などで負い目を感じた経験のある方も多いですが、そんなコンプレックスを解消できる方法が包茎手術なのです。さらに包茎手術は、男性のコンプレックスを解消するだけでなく、感染症予防にも効果があります。真性包茎、仮性包茎、カントン包茎と、どんな包茎でも手術可能です。特にカントン包茎は感染症を引き起こす要因にもなるので、手術を受けることをオススメします。まさに包茎手術はメリットだらけの手術なのです。
包茎手術は美容整形クリニックで受ける方法が一般的です。ただし、カントン包茎の場合は保険が使えることもあるので、外科クリニックで受けられる可能性があります。一度カウンセリングや無料相談を受けてみましょう。

痛くない手術の実態とは

包茎手術に対して痛いというイメージが先行し、なかなか手術に踏み切れない方も多くいます。しかし、実際はそんなことはありません。基本的に手術中は局部麻酔をしているので、痛みを感じないどころか、何をされているのかもわからないくらいです。
術後の数日間は、痛み止めの錠剤を出してくれますし、一週間ほど経過すれば患部が擦れる痛みも徐々に弱まります。したがって、包茎手術を恐れる必要はないのです。近年では抜糸が必要ない糸を使うケースも多く、自然に吸収されるので、抜糸のために通院する必要もなくなります。このように、手術に痛みや負担を過剰に心配するよりも、大きなメリットのある包茎手術を前向きに考えることをオススメします。